【朝活】10年以上続けてる朝活の方法と始め方

LIFE

私は平日の朝は4~5時くらい、休みの日でも朝6時前くらいには起きるようにしてます、というか習慣です。
「朝活」(あさかつ)という感じで呼ばれているみたいですが、まさにそれです。
特に意識はしてなかったのですが、結構いい習慣の一つです。

私が朝早く起きるようになった方法、理由などをご紹介

こんな方に読んでもらいたい
  • 自分の時間が欲しい
  • 朝活したいけど、起きられない!
  • 朝活すると日中眠くなってしまう

朝活のすすめ

早起きして、時間を有効に使う!

なぜ朝活を?

答え.時間確保のため!


学生から社会人、社会人になり結婚、そして子供、、、時間が何かに奪われていきます。
それによって得るものもあるのですが、
「ひとりになりたい時もある」そして「時間は誰にでも平等で有限です。
だったら、朝早く起きるしかない!と、朝活始めました。
最初は資格勉強のためでしたが、慣れてくると、この生活の方が調子がいいので10年以上続けてます。これからも続けるでしょう。
私の場合は時間確保のためでしたが、朝はとにかく静か、寝起きから頭も徐々に冴えてくるので特に勉強や、ブログ更新などクリエイティブな作業にも適していると思います。

デメリットとしては、

朝活のデメリット
  • 早朝なので誰かに相談しにくい
  • 同居人、お隣が気になる場合などに静かに作業する必要がある。

とはいえ、ひとりで作業したり、ひとり時間の確保の為、という場合が多いのであまり気にはならないかもしれないです。
大音量で楽器の演奏したい!とかだと向いてないのかもしれません。

私の朝活方法(実践編)

目が覚めた時間に起きてみる

早起きできない人におススメは「目が覚めた時間に起きる」
これ私が10年以上実践してる方法です。
一応、デッドラインとして目覚ましはかけてはいるんですが
その時間に起きることはほぼないです、それよりも前に起きてるから。

なんとなく寝る前に頭の中で何時に起きようと思う
その時間に大体、目が覚めることも出来るようになってます。

なぜ、起きた時間に起きるようにしたかと言うと

体が目覚めたがっているからだろう(勝手な推測、前向きな考えから

と、思ったからです。ですが、限度はあります。これも大事。
夜10時に寝て、夜中1時に目が覚めたからと言ってそのまま起きたりはしません。
そのあたりも自分でライン決めするといいと思います。
私の場合は3時半以降なら起きる。ちなみに今日は4時でした。

未来の自分をイメージする&準備をしておく、そしてやる!

朝、起きたはいいけど、趣味であればともかく、ランニング、勉強などはやる気が起きない。

今やろうと思っているということは、何か目的があるからだと思うので
それを実行して達成したときに未来の自分はこうなっている!という、イメージをしっかりもっていればモチベーションも保てます。まずこれが大事です。

私が朝活でしていることは、最近はブログ、その他は勉強、筋トレ、読書、ゲーム、ぼーっとするなどです。
全てに目的があって、目標(ぼーっとするにはないかも)があります。

それでも朝は眠い!と思います。
その時はやりたいことの準備をしてから寝ることです。

勉強の場合だったら、テキスト・ノート・筆記用具を置いてあとは座るだけというところまで
筋トレだったら、着替えと、筋トレグッズを準備するといった具合です。
朝活に入りやすい環境を整えることですね、やる気スイッチを入れやすくなります。
やる気スイッチを入れる簡単な方法は、

とにかくやる!これだけ!

勉強とか、筋トレ、掃除や、雑用などなんでもそうなんですが
やるまでに時間かかりませんか?やり始めたら、結構集中してできるのに。

なので、朝活に限らず、予定の行動を少しでもやりやすいように事前の準備をしておくことをお勧めします。

最低限の睡眠時間は確保する


とはいえ、最低限の睡眠時間は確保したいところです。
睡眠はレム睡眠・ノンレム睡眠があるというのはよく聞く話ですよね。
その周期がおおよそ90分であることから90分周期の睡眠は確保するように心がけましょう。

布団に入って、睡眠に移行するまでの時間も考慮して、
5~7時間の睡眠時間は確保するようにして、それを逆算して早く寝ることも重要です。
結局、早寝かーい!と、言われそうですが
規則正しく寝て、睡眠時間を確保という意味では重要ですね、体が資本ですから頑張ってみてください。
ちなみに私はショートスリーパーになれるかと思って、2~4時間の睡眠で生活するのを挑戦してみたこともありますが体調が悪くなったので、睡眠は必要と思っています。

具体的には、疲労が取れない、集中力が落ちる、眠気に襲われる、肌が荒れる 
結果いいことはなかったので私には向いてないみたいでした。

眠い時は寝る!ショートスリープ(昼寝、短時間の睡眠)のすすめ

朝早いと日中眠くなるかと思ったのですが、私はさほどでもないです。一応、5~7時間は寝ているので大丈夫なんだと思います。

ですが、朝活始めたばかりの人であったり、睡眠時間が取れなかった場合は、日中眠気に襲われることもあります。
今でもそうですが、出張明けや、いつもより睡眠時間が取れなかったときなどの翌日は日中眠いこともあります。
幸い今の仕事は立ち仕事がほとんどなので、立ったまま寝るということはないのですがデスクワークだときついかもしれませんね。

そうなったら、眠い時は寝る!

といってもがっつり寝るわけではないですよ。
10~15分くらいを目安に寝る!

私は出張が多く、自ら車を運転して全国各地に赴くのですが時には早朝、夜中の長時間の運転をしなければならないこともあるので、仕事終わりの帰り道の運転などは特に気も緩んで眠くなります。

そんな時はとりあえず、
・窓開ける
・歌う
・つねる、叩く
・食べる、飲む

色々と解消法を試してますが、結局は

少しでもいいから寝る。

これに尽きます、これに勝るものはないと思ってます。

無理に起きて仕事、運転してもいいことはありません。パフォーマンスが上がりませんし、特に運転は危険です。早めに少しでもいいので寝ましょう。とはいえ、デスクワークでは寝る訳にはいかないと思うのでお昼休みを活用して下さい。

ショートスリープのやり方
  1. 眠くなる。
  2. 「HEY!Siri、10分後にアラーム」など、目覚ましかける。
  3. 10分間寝る
  4. 10分後、アラームで起きて作業開始。

たったこれだけ。
経験上、寝過ごしてしまうと頭がぼーっとすることがあるので長くても20~30分以内には起きた方がいいと思います。

これを眠い時の習慣にしていたら、日常でも10分寝て、起きるということができるようになりました。これ身につくとかなりいいです、すっきりします。

あとはお昼休みですね、10分でいいので寝る!とにかくこれです。

まとめると

朝活の実践方法まとめ
  • 目が覚めた時間にそのまま起きてみよう
  • 未来の自分を想像しよう
  • 朝活の準備をして寝よう
  • 睡眠時間は確保しよう
  • 眠い時はショートスリープしよう

ただ決して無理はしない方がいいと思います、慣れないうちに無理をするとイヤになってしまうので少しずつ寝る時間を早く、そして定時にして、起きる時間を早くし、睡眠時間は確保する。

私はこれで、自分の時間を確保しています。

何度も言います時間は誰にでも平等で有限です。限りある時間を大事に使って、よりよく生きましょう!
私のような方の何かのお役に立てば幸いです。

今回は以上です、ありがとうございました。

コメント

  1. […] 【朝の習慣】朝活してます、時間を有効に使おう私は平日の朝は4~5時く… […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました