「捨てたい私」と「捨てられない人」#1【ふるさと納税編】

LIFE

ふるさと納税してますか?

私はしてます、以前から知ってましたが

「住宅ローン減税」を利用しているので関係ないものと勝手に思い込んでいたので

使ってなかったのですが関係なく使えたんです!!

2021年衝撃の事実を知って、

  • 早速シミュレートして、
  • 申し込み、
  • 返礼品も無事に届き、

ありがたく使わせていただいております。

あとはワンストップ特例申請書を返送するだけというところです。

来年の住民税がどうなってるか、来年の返礼品を何にするか。。。と、楽しみも増えました。

ところで、「ふるさと納税」夫婦でも使用可能です。

ですが、我が家では私だけが使ってます。それにはこんな訳があります。

「捨てたい私」と「捨てられない人」とのマインド(考え方)の違いです。

話はふるさと納税を私が申し込むときに遡ります。

【ふるさと納税】申し込み時の会話

捨てたい私
捨てたい私

うちでも「ふるさと納税」使えるみたいだ、申し込むよ。

捨てられない人
捨てられない人

興味あったんよ、気になってたんよ、私もやろうかな。

※まず、気になっても行動しない、調べもしない。捨てられない人は基本面倒くさがり。

捨てたい私
捨てたい私

うちなら一人3万円くらいになるから、

二人で大体6万円だね

捨てられない人
捨てられない人

ふーん、6万円がどうなるん?

捨てたい私
捨てたい私

もともと地元に納める6万円を、別の自治体に納める(寄附)するだけでそのお礼に返礼品をもらえるんやって。

捨てられない人
捨てられない人

、、、、私、やらんわ。

捨てたい私
捨てたい私

???なんで???

捨てられない人
捨てられない人

私、公務員だから「市」から給料もらってるから。よそに寄付なんかできんから。

捨てたい私
捨てたい私

。。。。あ、そうですか。一人でやるわ。。。。ティッシュとトイレットペーパーでいい??。。。。

と、まあこんなやりとりがありまして、私だけが「ふるさと納税」を利用してます。

お得な制度だと思うんですけどね。「捨てられない人」にはお気に召さなかったようです。

【ふるさと納税】について

ここでふるさと納税について簡単に説明します。

【ふるさと納税】について
  • 地元自治体に納める住民税(所得税)の一部を別の自治体へ納める(寄附)することです
  • 寄附なので節税にはなりません
  • 2000円の負担金があります
  • 2000円以上の返礼品がいただけるのでお得です
  • 家族構成、収入によって寄附出来る額は異なります(シミュレーターで調べられます)
  • 手続きは思っているよりも簡単ですが詳細は各ホームページなどでご確認下さい。

ちなみに私が寄附したのは「静岡県富士宮市」です。

「楽天ふるさと納税」で申し込みました、源泉徴収票を見てシミュレートして、返礼品選んで、ポチっとしました。
※セール時に申し込めばポイント還元もあるので実質0円で返礼品もらえちゃいます、要チェック!

「ティッシュペーパー」と「トイレットペーパー」をもらいました。

4人家族(夫婦、小1,小5)ですが、1年位は買わなくてもいいと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。

ふるさと納税の制度自体は、正しく使えば本当にお得な制度だと思います。

せっかく使える制度なので、ぜひ活用して欲しいと思います。

ですが、手続等がありますのであくまで自己責任・判断でお願いします。

まとめ「捨てたい私」と「捨てられない人」の行動・マインドの違い

「捨てたい私」は自分が思う価値のあるものに、お金を使ったり、行動している(つもり)

「捨てられない人」は見栄の為にお金を使い、行動する。

つまり人や組織からどう思われるかに価値を感じている。

なので、【ふるさと納税】という制度は「給与」をいただいている「市」のためにもやりたくない。

と言うことなんだろうと、だからやらないんだと。そう私は思いました。

大事なのは「自分がどうありたいか」であって、

「人からどう見られたいか」ではないと思います。

幸せが、そして自由がすこーし遠ざかった瞬間です

「捨てられない人」との日常ではこんなことがしょっちゅうあります。

また、ご紹介したいと思います

人によっては震えあがりますよ。

私の好きな言葉で、

「過去と他人は変えられない、変えられるのは自分と未来」

なので、「自分から変わってもらうために」

そのきっかけを与えるために

私が結果を出して、実績を残さなければなと思ってます。

納得・説得するにはそれなりの経験・結果が必要だと思います。

2馬力でやれば、パワーカップルだと思うんだけどなあ~。

今回は以上です、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました