【LIFE】車の雪下ろし。屋根に積もった雪は放置しない方がいいですよ

LIFE
この記事は約12分で読めます。

雪国育ちの私。

そして生活の拠点である富山は車なしでは非常に不便な県でもあります

冬の時期は会社の駐車場に停めて帰るまでの間や、

スキー場に朝から行って帰るとき、

日中屋根のない駐車場に長時間停めていた場合など、

車の屋根に雪が大量に積もることがあります(朝から夕方までで数センチから20センチ以上)

なるべく車の屋根の雪は出発前に落とした方がいいです!

そして早めに落とした方がいいです

その訳を実体験を交えて解説します

ポチっと応援お願いします!

屋根の雪が雪崩をおこす

まずは単純にこれです、赤信号などで停車する場合に屋根に積もった雪が一気にフロントガラスに雪崩を起こして目の前をふさぎます(経験あり)

一瞬で目の前が真っ暗になるので、そのままでは絶対に走行はできません

これはよくみかけます、幸いなのは大抵は赤信号で止まったときなので信号待ちの間に手やワイパーで対応できること

少量・または軽い雪(パウダー状)であればワイパーでも対応できますが、湿った重い雪などはワイパーでは対応しきれず慌てて飛び出して手で落とされている方を見かけます、私も過去にやりました。

ワイパーが使えない場合は外に出て落とすしかない!

道路に出ること自体危険ですし、冬の外は単純に寒いのであまり車外には出たくない、道路状況もよくない中慌てて飛びだして路面に足を取られる、靴が濡れるのも嫌ですよね

車外でおろす場合は、停車中であっても周りに気を付けて外に出て速やかに落としましょう

走行中に後ろに落雪する

前方を走る車の屋根からの雪が突然道路に落ちて来る!というものです、大抵は軽い雪でそのまま道路に落ちるだけなのですが

高速道路のトラックなど背の高い車に積もった雪の落下は正直怖いです

車に直撃・または道路に雪と言う障害物が突然落ちて来る可能性もあるので大変危険です

トラックの運転手さんも分かっていても荷台が高いので落とせないのだと思います。PA/SAで仮眠・休憩中の間でも雪は積もるときは一気に積もりますからね

そのような車を見かけたときは車間距離を取ったり、後ろにつかないように気を付けましょう

これも私の仕事が車で県外出張が多いこともあるので注意していることです、大量の雪が載っている車の後ろにはつかない。または十分な車間をとる。

また普通車であっても自分の車から大量の雪が落下することにより自分が後続車にトラブルを起こす可能性もあるので大量の雪を載せたまま走るのはやめた方がいいでしょう

つまりは前に落ちて自分が困るか、後ろに落ちて誰かに迷惑をかけるかということです。どちらも避けたいですよね

長らく落とさないでいると…

ある若かりし冬の事、少量の雪だったのでそのまま落とさず毎日走っていました。

すると解けては積もり、解けて積もり。。。見た目は数センチなのですが車の屋根に凍り付いて落とせなくなってしまいました。それでもしょうがなくそのまま走り続けたところ

ある路面状況の悪いガタガタ道で、振動と多少気温が高かったことも相まって

赤信号で一気に雪というより氷の雪崩が発生しました!!!

一瞬にして真っ暗!

赤信号の間に対処はできましたが焦りました。

数年後もう一度同様の経験があって、その時は2~3日分が固まってしまい早朝だったこともあり、ゆ~っくりと最寄りのスタンドに行き水をかけて落とさせてもらいました。

少量の雪なら落とさなくてもいいと思ってそのままにしていると凍りついてすぐには落とせなくなります!少量でも落とすようにしましょう。

雪下ろしの道具

次に雪下ろしの道具についてです

スノーワイパー

まずは定番「スノーワイパー」この時期、雪国の車なら1台に1本は乗っていると思います。そのぐらい必需品ですね。

会社に駐車する際、天気予報や朝の降り具合をみて「今日は積もるな」と思ったらワイパーを立ててフロントガラスの上にこのスノーワイパーを置いて会社に行きます。

こうすることで退社時にドアを開けて中からスノーワイパーを取り出す手間がなく、尚且つドアを開けた際に上に積もった雪が車内に入るのを少なからず防げます。

雪国育ち
雪国育ち

ちなみにワイパーを立てるのは、

  • フロントガラスとワイパーが凍り付いて動かなくなるのを防ぐ
  • 雪の重みでワイパーの損傷を防ぐ
  • フロントガラスに積もった雪をスノーワイパーで落としやすい

などの効果がありますが、筆者は立てたまま凍り付いてしばらく元に戻せなかったこともあるのでその効果は一長一短かもしれません。

雪を落とすときの注意

周囲に気を付けましょう。駐車場など周りに車がうる場合には他のドライバーの迷惑になる場合もありますので落とす先のことも配慮しましょう。

ワイパーを立てたままで、フロントガラスの雪をおろすと上から雪崩が起きてワイパーを損傷する場合がありますので大量の雪が積もっている場合は高いところから順に車の横におろすなどの注意をしましょう。

とよ
とよ

リア(後ろ)のワイパーも同様です!私は折ったことあります。雪は重いんですよ。

スコップ

もうひとつは必需品ではないのですが、あると安心の「スコップ」です

この時期は緊急用に車に載せています

用途としてはスタック(雪はまり)や駐車場の確保するために雪をどける、出発時の車前方の雪をどけるなどですが、シーズン通して使用することはほぼありません。あくまで緊急用ですね。

こだわりとしては、プラスチックなどの樹脂製の物がいいです。アルミ製もありますが耐久性・軽量ですが大事な愛車の近くで使うことがあり、キズを付けてしまう可能性もあるのでプラスチック製のものにしています。

そして長さは車に載せても邪魔にならないように短めのものにしています。

おわりに

子供の頃は雪が降るとワクワクしたものですが、車に乗るようになると不安でしょうがないです。とはいえ雪が降るのを止めることはできないので、出来る対処・予防はした方がいいと思います。

ともかく車の屋根に積もった雪はなるべく降ろす!
そして早めに下ろす事!凍ると下ろしたくても下ろせなくなりますので注意が必要です。

そしてまずは安全運転が第一ですが、何かのお役に立てば幸いです

では今回以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました