【投資】PayPayボーナス運用サービスの一部有料化(2022年3月24日より)内容と対策

投資
この記事は約3分で読めます。

PayPayの「ボーナス運用」というサービスをご存じでしょうか?そのサービスの一部有料化が発表されました!ショック!

ポチっと応援お願いします!

PayPayボーナス運用とは

今やPayPay登録者数は4500万人(2022年1月21日発表プレリリースより、詳細はこちら)になっており、スマホユーザーの2人に1人が利用しています

そのPayPay登録者ならば利用できるサービスの一つで「ボーナス運用サービス」というものがあります、2022年1月現在で利用者500万人のサービスです

PayPayボーナス運用とは

持っているPayPayボーナスをかんたんに運用できるサービスです、持っているPayPayボーナスを1円分から運用でき、出し入れも自由です。
※PayPayボーナスは、特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高です。 出金、PayPay残高を送る機能、わりかん機能では使えません。

PayPayボーナスを運用する - キャッシュレス決済のPayPay
持っているPayPayボーナスをカンタンに運用できるサービスです。

私も2020年5月31日から運用を開始しており、チャレンジコース自動追加でコツコツと貯めてきておりました。何度かTwitterにも状況をあげており順調に運用していました

2021年12月28日のツイート
とよ
とよ

よっ!好成績!

今まではボーナス運用サービス上では手数料などの利用料金はかからなかったのですが、2022年3月24日から一部有料化されることが発表されました!

一部有料化の内容

簡単に説明するとボーナスを追加するときに100円を超えるものに対しては1%のスプレッドが掛かるというものです!これはでかい!!投資をしている方ならばこの大きさはよくわかると思います

詳細な条件はこちら

  • 追加するボーナスが100円未満(最大99円まで)…今まで通り無料
  • 追加するボーナスが100円以上の場合…1%のスプレッド考慮あり(100円ならば1円かかり実際の追加は99円)
払いたくない人
払いたくない人

ちょちょちょちょちょっ待たれい!!これはかなり大きいぞ!!!

対策

PayPayボーナス運用でスプレッドを払わずにするためには、有効になる3月24日までにしておく対策①と、3月24日以降にする対策②が有効と思われます

PayPayポイント運用有料化でスプレッドを払わないためには
  • 対策①自動追加を解除
  • 対策②スプレッドのかからない100円未満(最大99円)で追加する

この2点です

対策①について

自動追加にしておくとボーナスポイントが付与されるとすぐに運用に追加されてしまうので、気付かずにスプレッドを払うことになる可能性があるためです。3月24日までに一旦解除しておきましょう

※実際には前日(3月23日)までは自動追加にしておいて、24日以降に解除するのがいいと思います

対策②について

100円以上の追加で1%のスプレッドが考慮されるので最大99円で追加する

節約さん
節約さん

ちょっと面倒だけど払わずに済むものは払いたくない!

今後この点についても何かしらの変更がされるかもしれませんが、3月24日以降はこの2点の方法で対策してみようと思ってます

おわりに

「一部有料化」に合わせて何か別のルールが発表されたら、その都度また対応していこうと思います。また「実際に対策法をやってみてどうなのか?」というところも、有料化以降記事にしようと思ってます。基本的には長期で運用しようと思っているサービスの一つなので、すぐに引き出すつもりはないのですが、上手に使えば有用なポイント運用サービスの一つだと思いますので今後もうまく利用しようと思います

では今回は以上です、何かの参考になれば幸いです

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました