【LIFE】長年におよぶアレルギー性鼻炎(花粉症)との戦歴 色んな症状まとめ

LIFE
この記事は約5分で読めます。

私は高校2年の頃からアレルギー性鼻炎、いわゆる花粉症になってます

2022年現在では症状がかなり緩和されて、以前よりは軽い症状で済んでいますが、毎年この時期は憂鬱になります

一般に花粉症と聞くと「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」というイメージですが、実際にはその症状に起因する弊害もあり、日常生活や体調にものすごく支障をきたします

そこで今回30年近く花粉症に悩まされている私の大変だったアレルギー性鼻炎(花粉症)由来の症状をご紹介したいと思います。

ただの「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」だけでは収まらないのです!

花粉症かな?と思われたら、なるべく早めにお近くの耳鼻科などで診察されることをおススメします。

ポチっと応援お願いします!

くしゃみと鼻水

まずは代表的な症状です「くしゃみ・鼻水」

くしゃみに関してはそれほど大変だった経験はないのですが、くしゃみが出るとそのあと鼻水も出るという感じです

鼻をかみすぎて…

花粉症の鼻水は「水っぽい鼻水」で、

油断すると、たらーっと垂れてくる水のような鼻水です

ティッシュは常に持ち歩くようにしたいところです

ただし勢いに任せて「チーン」と何度もやっていると鼻の中を痛めます。そして鼻の中や人中付近(鼻の穴の下あたり)が切れて血がでます

また場合によっては「中耳炎」も引き起こします
※筆者も耳が痛くなったことがあります、聞こえづらくなります、痛いです、きついです。

なので鼻をかむときはなるべく片方ずつ、静かに「すーっ」とやるようにはしています

ちなみにこの時期、朝起きてすぐに「くしゃみ・鼻水」がでる現象を

「モーニング・アタック」といいます

原因はいくつか考えられていますがよく言われているのが、

「自律神経が睡眠時の副交感神経優位から交感神経優位に切り替わる際に過敏になる為」

また朝起きた際に布団をばさっとして、アレルゲンが舞う為なども言われています

「鼻をかみすぎて起きる弊害がある!鼻をかむときは静かに!」

鼻づまり

「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」と3つまとめて言われることが多いですが、とにかくきついのが

「鼻づまり」

これがアレルギー性鼻炎(花粉症)の最大・最悪の症状だと思ってます

鼻づまりは花粉症の症状の中でも別格の「BIGBOSS」

逆に言うとこれさえなければ、花粉症も大した事ないと思えるくらいです

鼻詰まりが原因の私の健康被害まとめ
  • 点鼻薬使い過ぎによる炎症
  • 食事が苦痛
  • 睡眠不足
  • 食欲不振で体重減少
  • 口呼吸になることにより口腔内が乾燥し虫歯の発生
  • 咽頭の乾燥により「咽頭炎」の発症で高熱

点鼻薬を使いすぎて…

対策としてドラッグストアでも簡単に安く手に入る点鼻薬がありますが確かに点鼻薬は使えば即効性もあってしばらくは改善もしますが、使いすぎると鼻炎が悪化するので、使い過ぎは禁物です

私は使い過ぎで鼻炎の悪化(点鼻薬性鼻炎)と、炎症を起こし鼻から血が出たこともあります

なのでここぞ!という時しか使わないようにしてます(主に寝る前)

鼻づまりのときは食事も大変

鼻づまりになると食事をしていても…

  • 匂いが分からない
  • 味がわからない
  • そもそも口呼吸になるので、食べること自体が苦しい
    ※特に飲み物は呼吸を止めながら飲むようになるので苦しい

眠れないのが本当にきつい!

鼻づまりにより口呼吸になり、睡眠が妨げられます

これが花粉症の最大の敵と言っても過言ではないと思います

やっぱり人間睡眠は大事なんだなと思います

鼻づまりが原因の睡眠不足の悩み
  • 日中の強烈な眠気
  • 睡眠の質低下
  • ストレスが溜まる
  • 精神的にも不安定
    ※イライラすることが多かったり、倦怠感

鼻づまりで睡眠不足になり、日中の強烈な眠気に襲われて、よく仕事中に倉庫の隅で5分ほどしゃがんで寝ていたりしました

鼻づまりで体重減少?

これも鼻づまりからの睡眠不足によるものなのですが、食欲がなくなり、昼食は食べずにデスクで寝ていました

夕食も食べたり、食べなかったり…

1日フリスクだけ食べて過ごしたこともありました

結果、58kg⇒52kgに体重が落ちたことがあります

顔色が常に青白くなってました

鼻づまりで虫歯?

鼻づまりの時に睡眠時は「口呼吸」になります

そうすると朝起きたとき、口腔内が乾燥してカラカラになってませんか?

これが虫歯の原因になることがあります

唾液には元々「殺菌・洗浄作用」があり、乾燥することによりその効果が薄れてしまい雑菌が増殖しやすいのです!

鼻づまりで「咽頭炎」の発症

「咽頭炎」という症状があります

咽頭の粘膜やリンパに炎症を起こし、発熱し唾液や飲み込む動作がすごく痛む症状が出ます

私の場合、これも鼻づまりによる睡眠時の口呼吸が連日続き、朝起きると口腔内と喉がカラカラになっていました

ある日、38度を超える発熱。

何か風邪とは違うと感じ、診察してもらうと血液検査して「咽頭炎」と診断されました

口呼吸になったことにより、口腔内や咽頭が乾燥しウイルス・細菌が増殖しやすく侵入しやすい状況になったことが原因と考えられます

咽頭炎は感染するので数日、会社を休みました

目のかゆみ

私が初めて「花粉症」になったときに症状が出たの高校生のころで、その症状は「目」に出ました

授業中に目がかゆくなり、かきまくっていたところ

「おい!お前だいじょうぶか?」

「目がかゆいんよ~」

自分では、ただ目が赤くなってるだけかと思っていたのですが、実際には赤いだけではなく、白目の部分がゼリー状に膨れているような状態になっていたのです!

これを「結膜浮腫」といいます。
※白目表面の結膜の下に水がたまった状態

これが見た目がヤバイので先生にも

「すぐ医者へ行きなさい!」

と言われて、早退したのを覚えています

実際には見た目の割に心配することはないらしく、自然と引いていきます

保冷剤などで冷やすとかゆみも治まるのでいいですよ

この症状はたまにおきます

お風呂上りに(血行が良くなったから?)にもなったことがあります

猛烈にかゆく我慢できないので辛いです

まとめ

というわけで、私が受けた花粉症からの健康被害でした

症状の出ていない方からすると

「たかが花粉症」と思われるかもしれません

また症状のある方でも、その症状には個人差があるとは思いますが「たかが花粉症」とは思わずに、耳鼻科・アレルギー科などに相談されることをおススメします

では今回は以上です、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました